*カレンダー*
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
PR

うちゃぎーずTOPページへ

もうすぐ9歳
お陰様で、元気に良い子で過ごしています。
もうすぐ9歳になりますが、走り回る元気があります。
この状態が1日でも長く続いてほしいと願うばかりです。



性格も随分と穏やかになってきました。
以前は、換毛のテデトールで逃げ回っていましたが、
今では我慢できるようになりましたよ。

冷え込んできましたね。
我が家ではウサギの寒さ対策を始めています。
床のウォッシャブルペットシーツの下は保温アルミシートを2枚重ねています。
速暖マットも愛用しています。
もう少ししたら、床にペットヒーターを置くつもりです。
この冬も元気に乗り越えられるように一緒に頑張ろうね。

ブログの更新が久しぶりで、ログインや写真のアップロードの方法も忘れてしまっていました。
日常生活は普通にできていますので大丈夫なのですが、
このブログをクリックして開くことが悲しくて暫くできませんでした。
ガーナちゃんとネーブルちゃんが居ないという現実をまだ受け入れたくありませんでした。
まだ受け入れることができていないような気がします。
分かっているようないないような・・・。分かっているはずですけどね。
やっぱり寂しいな。
 
| うさぎ達の日常【8】 | 22:06 | - | - |
ガーナちゃん虹の橋へ旅立ちました
2015年7月29日、午前7時にガーナちゃんが虹の橋へ旅立ちました。
11歳8か月でした。

1週間ほど前から嚥下が弱くなり、ひと口の量がペレット一つ分でした。
前日は、ふやかしたペレットも野菜も食べることができなくなり、
虹の橋へ行く19時間前、スプーン一杯分ほどのスイカを食べました。
それが最後のガーナちゃんの食事でした。



目をキラキラさせて美味しそうに食べてくれましたよ。


虹の橋へ旅立つ日の朝、ガーナちゃんと添い寝して、
ナデナデをずっとしてあげていました。
「ガーナちゃん大好き。大好き。」って何度も言い続けました。
「ガーナちゃん大好き。」って言うとガーナちゃんは笑顔になるんです。
にっこり笑ってくれるんです。辛いはずなのに・・・。

段々と呼吸が小さくなり、笑顔のままで寝てしまったかの様に、
静かに静かに、私に気づかれないように静かに、
そーっと息を引き取りました。
私の手の中で看取る事が出来ました。
ガーナちゃんは、私が会社へ出かける前の時間を選んで虹の橋へ旅立ちました。
今までありがとう。お茶目なガーナちゃんと暮らせて幸せでした。

翌日、長楽寺で葬儀と火葬を行いました。

さっきまで目の前にいたのに・・・。
千の風になってしまいました。


今頃、虹の橋に到着し、ネーブルちゃんと再会していると思います。






そして昔の仲間達とも再会し、
「また皆で一緒に暮らそうよ♪」と話していることでしょう。


虹の橋ではヘルニアの痛みも無いし、顎関節症も痛くないし、
耳の膿も無くなったよ!
たくさんの痛みから解放され、
走り回って楽しく、お茶目に暮らし始めていることでしょう。


今までガーナちゃんの応援をしていただきまして、ありがとうございました。

『ありがとうです』

 
| うさぎの介護 | 17:25 | - | - |
少し痩せてきました
11歳8か月です。
食いしん坊のガーナちゃんですが、流石に少し痩せてきました。




後肢を持って、ゆっくりと伸ばしたり曲げたりとストレッチをしていますが、
どうしても筋肉が減ってきてしまいました。
でもストレッチは決して無駄ではないと思っています。
毎日のストレッチがあるからこそ、
後肢をバタつかせて「何か食べたい」とか「何か飲みたい」と私に知らせることができるからです。

後肢に血液が行きにくいようなので、背中から腰のマッサージも欠かせません。
ガーナちゃんの嬉しそうな顔を見ると、マッサージの甲斐がありますね。



気が付けばもうすぐ8月なのですね。
前回の更新が4月でしたので3か月も更新が止まっていたのですね。
本当にすみません。
私の月日の流れの感覚では、前回の更新から1か月ぐらいしか過ぎていないと思っていました。
時間が経つのは本当に早いものですね。
ガーナちゃんが起き上がれなくなってから、1年と3か月経ちました。
本当によくここまで頑張ってくれていると思います。
 
| うさぎの介護 | 00:48 | - | - |
明るくがんばっています
前回の記事から4か月も経っていて驚いています。
感覚的には、1か月ぐらいしか経っていないと思っていたからです。

お尻のお手入れ。
下側になっている目と目の周りの毛のお手入れ。
耳掃除。
口腔ケア。

大したことはしていないのですが、
何はともあれ、時間があれば下側になっている方の目を頻繁にチェックして、
ぬるま湯で目の周りの毛をお手入れしています。
目の周りの毛が涙で固まり、その固まった毛が眼球に突き刺さってしまうからです。
起き上がれなくなってから1年経ちました。
その間、下側になっている目のチェックは最優先してきました。
これからも最優先です。涙の成分の染みない目薬を点しています。

食欲がありますので、食事のときは嬉しそうな顔をしてくれます。
それだけで幸せです。

もうお出かけも慣れたものです。




笑顔で頑張ってくれています。



 
| うさぎの介護 | 02:16 | - | - |
うさぎもヒートテックはじめました
ふんわり軽くて、すぐに温かくなるので、
寝たきりのガーナちゃんに丁度よいと思い、
買いに行ってきました。子供用です(≧∇≦)

写真を撮っていると、すぐに確認しに来ますね(笑)


着せる訳ではないので、ふわっと掛けるだけ。
軽くてふわふわですよ。
そっと手を入れて確認しましたが、すぐに温かくなっておりました。
これで温かグッズがまた増えました。(*^-^*)
嬉しそうな顔に見えますね。よかったよかった。

 
| うさぎの介護 | 00:54 | - | - |
8歳になりました
ノエルちゃんが12月25日に8歳になりました。


お陰様で歳相応の元気さで毎日過ごせています。


割と好き嫌いも無く、色々なお野菜を食べてくれます。


今の時期は春菊から先に食べますよ。


少し前にうさ友さんとお話しした時、
ブログを見る限りでは、
ノエルちゃんがあまり懐いていないような印象があったそうです。
私が反省すべき点ですね・・・。

なにしろノエルちゃんの記事が非常に少ない!
今回の記事では何と、1年ぶりのノエルちゃんの記事になります。
これではとてもノエルちゃんを可愛がっているようには見えませんよね。反省、反省。
ガーナちゃんとネーブルちゃんよりも、もっとノエルちゃんの方が私に懐いているのです。
そうこうしているうちにノエルちゃんも8歳になってしまいましたし、
これからはもっとノエルちゃんをたくさん記事にしていこうと思います。

こんなにママに甘えてくれるのに、
写真をブログに載せなくてゴメンね・・・。


ノエルちゃんの若いころはパパっ子でしたが、
現在はパパにもママにも同じぐらいになりました。
いや、もしかしたらママっ子じゃないかと思うほどです。
パパがガッカリするといけないので、ここだけの話ですよ(笑)

『ママ、ナデナデしてくださいです〜』


 
| うさぎ達の日常【8】 | 11:52 | - | - |
11歳になりました

11歳おめでとう。
お陰様で12月1日に11歳のお誕生日を迎えることができました。

背骨の変形のため、寝たきりになってしまいましたが、
牧草もお野菜も、ふやかしペレットも食べてくれています。

上体を起こして、一口ずつ手で与えていますが、
強制給餌とは違いますので、彼女の食べたいという意志で食べています。
口元に差し出したもので、食べたくない物の時は、
口を固く閉じて、遠い目をします。(笑)
食べたい物の時は、目を輝かせて勢いよく食べるので分かり易いです。




ドライアイ用の目薬を点せば、目頭が涙やけになることもないみたいです。




写真の上と右にある保定用の円柱のクッションは、
吸水マットを丸めて、赤ちゃん用の腹巻をカバーにしました。(笑)
おしっこがかかっても吸い取ってくれるし、洗えます。
程よいクッションになりますし、
寒い日は、この中に使い捨てカイロを入れると、熱すぎなくてよいです。

仕事以外の時間はできるだけ彼女の介護に当てています。
それが今の私の幸せです。

寒さ対策をして、うっ滞にならないよう、風邪をひかないよう予防して、
この冬も無事に乗り切っていきたいと思います。
次回の更新はクリスマスぐらいになると思います。
ではでは。



 
| うさぎの介護 | 00:30 | - | - |
虹の橋へ旅立ちました


8月21日の早朝、ネーブルちゃんは虹の橋へ旅立ちました。
9歳7か月でした。



8月22日に葬儀を行いました。


こちらで安らかに、仲間たちと眠っています。



悪化しないよう保ち続けてきた不正咬合でしたが、
9歳を過ぎてから徐々に歯茎が弱まってきて、
何本も歯根に負担がかかるようになり、
激しい炎症が始まりました。

飲み薬も効かなくなり、注射も効かなくなり・・・。
痛みと苦しみから逃れるため、
虹の橋へ旅立っていってしまったようです。

やさしくて可愛くて大好きでした。
ネーブルちゃんは仲間思いで優しい子なので、
ずっとずっとまだまだ一緒にいてくれると思っていました・・・。
もう、キッチンで野菜を準備していても、飛んできてくれないのね。
ガーナちゃんの隣にいてくれないのね。
さみしくてさみしくて、まだ呆然としています・・・。
悲しいけど、痛みや辛さから解放されたと考えなくちゃいけないですね。

虹の橋に行ったら、もう痛くないね。膿で気持ち悪くなることもないね。
虹の橋で楽しく暮らしてください。
 
| うさぎの病気/歯・歯根膿瘍 | 00:22 | - | - |
うさぎの介護用ベッド
うちの子の場合は、背骨の変形が原因で起き上がれなくなったため、
床に吸水マットを1枚敷いただけでは、床の固さが背骨に悪影響を与えそうでした。

人工芝と2枚の吸水マットという組み合わせも、
人口芝がかなり良いクッションとなってくれていましたが、
もう少し改善できないものか考えていました。

私が低反発のマットレスを使用していますので、
うちの子にも、同じようなものがあればいいのにと思っていました。
そこで、人間用の低反発の座布団のようなクッションを見つけ、
介護用ベッドを作ってみました。
(作ったと言っても置いただけですが。)

前回の介護用枕の記事の時にはもう、
この介護用ベッドを使用していました。
使い始めたのは7月上旬からですが、
うちの子の場合には変形した背骨にピッタリフィットして、
柔らかさも丁度良かったです。
寝心地が良いみたいで、すやすやと寝てくれています。





低反発クッションの上にペットシーツを敷いています。


その上に、吸水マットを敷いて、枕を乗せて出来上がりです^^


今日もお水をごくごく飲んで、野菜もモリモリ食べてくれましたよ^^
たくさん食べてくれることが、とてもとても嬉しいです!




 
| うさぎの介護 | 16:50 | - | - |
寝たきりなので、目を保護する介護用の枕
いつも同じ向きで寝たままのため、
右目が炎症しはじめました。

本来なら、こまめに寝る方向を
逆向きに変えてあげたいのですが、
背骨の変形した形状が、
反対側に向けられない形状になってしまっているという状況です。

なんとかマットと目ができるだけ当たらないようにできないものかと工夫しています。

大きさ8cmほどのタオル生地で出来ているようなリングを置きます。

実は、このリングはタオル生地っぽい素材の髪をしばる物です。
ずいぶん前に100均で購入し、私の髪を束ねていました。


綿100%のやわらか素材の枕カバーを上に乗せます。
このカバーは私のシャツを切りました。
丁度良い柔らかさで綿100%という絶好の条件の生地です!
その上、大好きなママのニオイ付きという。^^

そして、リングの部分がくぼみます。
手を使って、くぼませましょう。



くぼんでいる事がわかりますか?



目の周りの毛並を整えながら、静かーーーーに頭を乗せてあげます。


もちろん、くぼみの部分に目がくるようにです。


すやすや〜。



---------------------------
介護として行っている事のメモ。
・水分補給80〜90ml(2種類を1日10回ぐらいに分けシリンジで)
・野菜の細切りを1本ずつ手で食べさせる。
・牧草入りのペレットをメインに手で数粒ずつ食べさせる(楽しむため3種類)
・目薬(1日3〜5回)
・床ずれ予防マッサージと背中マッサージと顔マッサージ(1日2〜3回)
・マット交換(1日2〜3回)
・枕交換(1日1回)
・部分的なお尻洗い(1週間に2回)
-----------------------------

介護状態になって3か月半経ちました。
彼女も寝たきりの状況で何とか私に意思を伝えようと、日々考えているようです。
水が飲みたいとき、何か食べたいときは、足をバタバタさせて私の気を引きます。
寝ている姿勢が少し悪くなってきたら、「クフッ、クフッ」といって私の気を引きます。
毎日、うさぎと意思疎通ができて幸せです。

 
| うさぎの介護 | 15:52 | - | - |