*カレンダー*
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
PR

うちゃぎーずTOPページへ

<< うさぎの介護(飲み物) | main | 寝たきりなので、目を保護する介護用の枕 >>
介護食のすりおろしリンゴの保存と活用方法

今日の様子です。
いつものように看護師さんが付き添って介護してくれています。
この助けにより、私は本当に助かっています。

私は毎日働きに出ておりますので、限られた時間で効率よく介護食や飲み物を作る為、
すりおろしリンゴを休みの日にまとめて作って保存しています。
毎食の度にすろおろしていては大変です。
しかも一回分が少量ですしね。

リンゴを半分か、もしくは全部すりおろしてしまいます。

(このおろし器は使いやすいです^^)

1回分ずつ使いやすくする為、少量にしています。
おかず用のシリコンカップに入れると、一個ずつ取り出しやすいです。
製氷機に直接入れてしまうと、取り出す時に製氷機をひねったり、
裏側から溶かしたりして、全部出す羽目になってしまいますからね。


ふたをして冷凍します。


使うときに一個だけ取り出して解凍します。
そこへお湯を入れて、リンゴ風味の飲み物としてあげています。

お水だけとか、お湯だけですと、たくさん飲んでくれないからです。
かと言って、すりおろしリンゴばかり大量に飲ませては
果糖の摂りすぎになってしまいますしね・・・。

寝たきりなので、楽しみと言えば唯一、食べる事だけ・・・。
リンゴ風味で楽しませてあげることを許してください^^


他の活用方法としまして、流動食に混ぜています。
粉末の介護食に、解凍したすりおろしリンゴを加えます。


すこし熱めのお湯で作ります。
人間の熱めのお風呂の温度ぐらいです。
ふやかしペレットを作るときも、熱めのお風呂ぐらいの温度で作っています。
(もっと熱い温度で作っている方もいらっしゃるそうです。)

うさぎの食フンは、体から排泄されたばかりのアツアツをホクホクと食べてますものね(*^m^*)

直径7cmのシリコンカップで作ると、強制給餌用シリンジの容量に丁度いいんですよ^^



このように、まとめて保存しておくと、仕事から帰ってきて直ぐに
必要な分の飲み物を作って飲ませてあげられるんですよ。
ガーナちゃんと密着できる時間も増えますし、
結構楽しんで介護しています(*^▽^*)

 
| うさぎの介護 | 10:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:08 | - | - |