*カレンダー*
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
PR

うちゃぎーずTOPページへ

耳膿瘍のケア(耳の付け根のしこりみたいになった膿瘍)

2年ほど前に耳の膿瘍について少し触れましたが、
それから何も書いていなかった事に気付きまして、今更ながらですが、
耳の膿瘍のお手入れをしているところの写真を撮りましたのでアップします。

数年前に関東の獣医さんに膿瘍の成分を検査していただき、
耳の膿瘍の掃除についても詳しくご指導いただきましたので、
それから定期的に自宅で掃除しています。
独断や我流で行っているのではないということをご了承くださいませ。

前置きがまだ続きますが、これらの写真は、
真似してくださいと勧めるためではありませんので、
誤解されませんようお願いいたします。

耳の膿瘍で悩まれている飼い主さんの為に、
このようなケースもありますよという情報提供のためです。
うさちゃんにより症状もまちまちでしょうし、
かかりつけの獣医師さんの考え方にも個人差がありますので、
どうかご無理をなされないようお願いいたします。

さて本題に入ります。
うちの子の場合、耳の付け根にできた膿瘍の「膿」が
耳の穴から出てくるケースです。
出てくるといっても、自然と出てくるわけでもありませんし、
耳の中をチラッと見ても暗くて分かりません。

ヘッドライトを装着して両手を使える状態にして行っています。


そしてご指導いただいた方法で膿を見えるところまで出してきます。
耳の構造を考えた上でのやりかたがあって、
ただ単に押し出せばいいという訳ではないので、
本当に真似しないでくださいね。






見えるところで、耳かきで取れる位置まで上がってきたら、
うさちゃんの頭が動かないよう保定しながら、
そーっと膿を取り除いています。




一番最初の膿は、下の写真です。
茶色っぽく、空気に触れて乾燥して固いです。

この茶色く固くなった膿が、耳の穴の下の方で
耳の付け根の膿瘍の膿袋の出口をフタしてしまっているのです。

この茶色く固い膿のフタを最初に取り除かないと、
膿袋にたまった膿が出てこられないのです。
出てこられないままですと、膿袋がどんどん膨らんで、
はち切れそうになっていきます。
そして昔のエルちゃんの時のように眼球へ流れてしまう恐れだってあるのです。
もう同じ目に遭わせたくないです・・・。
膿袋が大きくならないうちに、耳の膿の掃除を行っています。
1週間に1回ぐらいのペースです。
顎関節か耳下腺か顎下腺の影響を受けているかどうかまでは分かりませんが、
その時によって何らかの影響により、
膿が溜まる量のペースが違うのです。

先ほど、1週間に1回と書きましたが、それは大よその目安であって、
場合によっては3日後ぐらいにすぐ膿袋が膨れてきたり。
時には2週間ぐらい膿袋が少ししか膨れず安定していたり。
いつの日にか解明され、予防治療ができるといいですね。


フタになっていた茶色い固い膿(左側)と、
茶色い固い膿の下に溜まっていた白い膿(右側)です。



これが耳から取れた膿ですよ。




暫く見つめていました。
分かるのかな?


毎回、耳の膿の掃除が終わったら、
30回ぐらいは謝っています。
ごめんね。ごめんね。(ナデナデナデナデ)
ごめんね。ごめんね。(ナデナデナデナデ)
の繰り返しです。




| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 12:16 | - | - |
側に居てくれてありがとう

バタバタしているうちに12月になっていました。
毎日があっという間に過ぎ去っていきます。

20111211_1.jpg

テキオンヒーターの上でどや顔?のガーナちゃん。
みなさまのお陰で8歳になりましたー!
8歳になっても相変わらず食欲旺盛で、
物凄い勢いで食べております。

20111211_2.jpg


20111211_3.jpg




少し前にブラッシングをしていた時、
耳の毛もブラッシングしたところ、
何だかフケのような物がでてきてしまいました。

20111211_4.jpg

もしもダニだったらネーブルちゃんにも移ってしまうので、
主治医のところへ行きました。
耳のフケのようなものはダニではありませんでした。
どうやら耳の付け根に出来た膿瘍が
原因かもしれないとの事でした。

下の写真を見ると、顔が換毛中で
耳の付け根の辺りも毛がちょうど抜けていますが、
そこのところに膿瘍のふくらみがあります。

20111211_5.jpg

8歳を越えたので、手術するのもあれですし・・・。
のんびり穏やかに楽しく残りわずかな兎生をすごしてもらいたいなとも思うし・・・。
お薬を飲ませても涙目で暴れるし・・・。
治してあげたいやら、そーっとしておいてあげたいやら・・・。
そんな感じで悩ましい日々です。
1日、1日をこれまで以上に大切にしていきたいと思います。

20111211_6.jpg


| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 18:02 | comments(10) | - |
粉薬を飲ませる準備
エルは食欲が戻り、青梗菜やニンジンを食べてくれるようになりました。







食べない事には病気と闘えませんものね。

でもこれ、ラズのお供えの青梗菜なのですが。

エルの為ならラズもきっと許してくれるでしょう。

一つのお皿で同じ物を仲良く食べていましたから。



エルは錠剤の薬と粉末の薬を飲ませていますが、

粉末の薬はバナナに挟む方法をとられている方が多いと思います。

私もその方法を取り入れて与えています。

薬の味によるのですが、野菜ジュースに溶かしたり、

オリゴ糖シロップで味付けして溶かしたりして飲ませていますが、

それらの方法でも飲みにくい薬があるようです。

エルの茶色の薬ですが特に苦味が強い訳でもないのですが、

ちょっとだけ漢方薬っぽい匂いがします。

バナナに挟んでも絶対に食べてくれません。

エルはバナナにはちょっとうるさいんです。

バナナだけでも味や匂いが良くないと食べてくれないのです。

いつもスーパーでのバナナ選びは真剣です。



そこでこの粉末の薬をパインキューブに包んで食べさせる事にしました。

粉末を包むのは錠剤をカットして包むより大変ですが、

これで食べてくれたのでこの方法しかありません。

以前は耳かきをスプーン代わりにして粉末の薬をすくって

潰して広げたパインキューブに乗せていましたが、

耳かきって平たいので粉がこぼれちゃうんですよ。

そこで考えました。

薬さじって物があるじゃないか、と。

理科器具は一般家庭の人には購入するところがないのですが、

東急ハンズに売っているんですよね、理科器具が。

浮かれ気分で行って購入してきました。







薬さじより小さくて耳かきと同じ大きさです。

でも耳かきは平らですけど、これはスプーンのように深みがあるので

薬をすくいやすいのですよ。買って良かった。250円ほどでしたよ。



粉末の薬をすくってパインキューブの上に乗せていきます。

耳かきの時より作業効率が良くなりました。











小さいパインキューブなので薬一回分で4粒使います。

粉をこぼさない様にどんどん丸めていきます。







我が家ではこんな感じでやっています。

3週間近くエルは落ち込んで食欲不振だったため、

膿瘍の薬を一時中断するように言われていましたが、

先日病院へ行った時に膿瘍の薬を再開させても大丈夫と言われたので、

昨日から飲ませて(食べさせて)います。

耳の付根の膿瘍は、まだふくらみがあります。
| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 01:15 | comments(2) | - |
眼内出血6日目
エルは止血剤(トランサミン)を飲みながらタリビッド眼軟膏を付けて

お陰さまで回復の方向へ向かっています。

記録として写真を撮って見比べると治っていく経過が分かりやすいですね。






エリザベスカラーはそれほど嫌がらなかったのですが、

突然、首を掻きだしました。

エリザベスカラーが邪魔をして痒いところに手が、いや肢が届かず

何度も必死に掻いていました。

首を掻きたいのにエリザベスカラーを掻く羽目になってしまっているのを

見ていて可哀想で可哀想で・・・

私の方が耐えられなくなって外してしまいました・・・(´・ω・`)甘いですか?



やっぱりエリザベスカラーを外したら伸び伸び過ごしていますよ。

そりゃもうまったりと。













こんな普通な事がとっても嬉しかったりします。





右耳の付根にある膿瘍も小さくなってきたので、

以前のように脳へ圧迫して神経障害が起きる心配が減り、

少しほっとしています。

まだ完治している訳ではないので、頑張ってお薬を飲ませます。

パインキューブで包んでいるので飲ませると言うよりは

食べさせている感じですね。嫌がらずに食べてくれています。
| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 22:01 | comments(3) | - |
エリザベスカラー
朝一番で動物病院へ行ってきました。

日曜も祭日も診療されているので本当に助かります。






20日に他の動物病院で受けた説明と出された薬の事を話しました。

クラビット、レフトーゼ(塩化リゾチーム)、トランサミン(止血剤)の

飲み合わせの事もお聞きましたが、大丈夫との事でした。

そこでも念の為に眼圧を測定し、ゆっくり診察して頂きました。



眼圧は両目共に異常なし。

内出血の箇所は目の奥ではなくて、表面に近い部分である事から、

エルが両手で顔を擦っている時に(顔洗いの時)、

目も擦ってしまった可能性が高いのではないかという見解でした。

エルは目の組織が弱くなっている為にこうなってしまったと。



目の内出血が治るまでの1週間ほど

エリザベスカラーを装着する事となりました。

ウサギのエリザベスカラーは紙のお皿が軽くて適していると教えて頂きました。

汚れたりして取り替えるときに私が自分で作れるようにと

先生は私の目の前で説明しながら作ってくださいました。

生まれて初めて装着するエリザベスカラーに激しく抵抗するかと思いましたが、

きょとんとした感じです。

そりゃ嫌でしょうけど、嫌で嫌で耐えられないといった感じは見受けられません。

おっとりした性格のエルちゃんだからでしょうか。














動物病院から帰ってきて数時間ほど観察していましたが

何となくやっていけそうな感じです。



あまり嫌がるようだったらエリザベスカラーを外してくださいね、

と先生から言われているので、エルの気持ち次第では

1週間も待てずに外してしまうかもしれません。



目薬は以前に出されたものがあるのですが、

今回は軟膏タイプの物が良いとの事で

タリビット眼軟膏をだされました。

1日に2回から3回瞼の内側にニョロっと付けます。





今日はラズも一緒に連れて行き近赤外線照射治療を受けました。

その時に、いつ発作が起きるか心配している事を相談しました。

うさぎは肺が小さく、ラズは心臓肥大で肺が圧迫されて

もっと小さくなっているので発作は呼吸困難から起こる可能性が高いと言われました。

発作が起きた時の応急処置として酸素を吸わせると良いと教えていただいたので、

これから酸素を探して買ってこようと思います。

エルのエリザベスカラー用に紙のお皿も買ってきます。
| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 14:03 | comments(6) | - |
眼球の内出血
一昨日の19日の夜、エルの左目が内出血しているのを見つけました。

この時はとりあえず目薬を点しておきました。

翌日に動物病院で診てもらったところ、外傷は無いので

眼球内に膿が入り込んでいる為に組織が破壊され

内出血を引起しているという見解でした。

出された薬は止血剤(トランサミン粉末)です。

少量なのでバナナに挟んで食べさせています。



しかし、どうしてこうなってしまったのでしょうか。

膿瘍の薬で徐々に目の中の膿も減っている方向だったのに・・・

眼圧も検査していただきましたが異常はありませんでした。





痛いのでしょうか、元気がありません。





内出血前の目と並べてみました。

内出血で広範囲に血液が回り赤黒くなっています。

以前は膿瘍の薬の効果で少しずつ膿が減ってきているところでした。



止血剤も血栓が心配なところです。

今後、再び内出血が起きないように予防できたら良いのですが・・・

またちょっとした事でもお気づきの点がありましたら教えてください。





今回は緊急事態だと思い近くの病院へ駆け込みました。

この近くの病院はラズとベガを見てもらっている病院です。

その先生から言われた事は、

エルの膿瘍の薬は別の病院ですので、

近日中にその病院の先生の指示を受けてくださいと。

現在飲ませている薬との飲み合わせの問題もあるので

その方が良いでしょうとの事でした。

土曜日の朝一番でエルを診てもらっている病院へ行く予定です。
| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 21:00 | comments(4) | - |
膿瘍の薬の飲ませ方
エルは右耳の付根に膿瘍があります。

これは平成18年10月14日の写真です。

毛で覆われているので見ただけでは分かりにくいのですが、

うずら卵を縦半分に切ったぐらいの大きさで固く腫れています。





飲ませている薬は錠剤なのですが、そのまま飲めません。

錠剤をカットしてバナナに埋め込んで食べさせていましたが

薬だけを上手に落としてバナナだけ食べてしまいます。

試行錯誤の結果、パインキューブに包んで食べさせる事にしました。

塩化リゾチームとクラビットは甘いものと一緒に

飲ませると効果が薄れるそうなのですが、

パインキューブを利用する事は苦肉の策なのです・・・
(最後の手段だと思っているので、あまり真似しないほうが良いと思います)



その方法を順を追って説明します。

まずは準備するものです。



「かゆみとバイバイ」は偶然に写った訳ではありません。

間違って準備した訳でもありません。道具として使うのですよ。





パインキューブをつぶして平らにするのに便利なのです。

他の物で代用できれば何でも良いのですが(笑)

ひたすらパインキューブをつぶしたら、

今度は錠剤カッターで錠剤をカットします。





カッターナイフで切ろうとしても、

こんなに綺麗に同じ分量で切る事が出来ません。

流石、錠剤カッターです。





この調子でたくさんカットしていきます。

面白いように綺麗にカット出来るので、段々と楽しくなってきますよ。

次はパインキューブで包む作業に入ります。





ひたすら包んでいると、何か工作をしているような錯覚に陥ります。

これでエルの膿瘍が治っていくと思うと頑張れます。



たくさん作ったら容器に入れて保管します。

クラビットと塩化リゾチームは別々の容器に保管しています。

混ざったら分からなくなりますものね。

それぞれを朝と夜の2回与えています。



初めの頃は一口食べて「騙されたーっ」って顔をしていましたが、

パインキューブが食べたいので毎回不思議な顔をしながらも食べてます。

平成18年9月23日からこの薬を与えていますが、

最近になってやっと膿瘍が小さくなった事が

触って分かるようになってきました。

見た目にも、耳の付根がくぼんでいます。

普通の状態に近いですよね。



触ってみてやっと分かるのですが、1.5cmぐらいの大きさになりました。

大豆より少し大きいぐらいかな。ふにゃふにゃで柔らかくなっています。

この場所に膿瘍がある事を知らない人が触ったら

気が付かないぐらいの大きさです。

以前のうずら卵半分の大きさから比べると、物凄い進歩で嬉しいです。





膝の上でなでなでしていたら寝てしまいました。

もう可愛くってしかたありません。
| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 22:38 | comments(3) | - |
膿瘍で動物病院へ
前回の薬が残り少なくなってきたので行ってきました。





耳の付根に3cmほどの膿瘍があり、

内耳を通って目の内部へ膿がたまっています。

初めの頃は小さな白い濁りだったので、

老人性の白内障だと思っていました。

うさぎの膿瘍について詳しくない獣医さんは

加齢に伴う白内障と診断し、

白内障の進行を遅らせる目薬を出すだけです。



今は元気だったとしても、うさぎの病気は本当に突然です。

具合が悪くても平気な振りをするのがウサギです。

肉食動物(人間)の前で弱った状態を見せると言う事は

捕食動物であるうさぎにとって死と背中合わせなのです。

ですから異変が現れた時点で既に深刻な状況なのです。

異変に気づいてから病院を探していたら手遅れなんです。

少し様子を見ようなんて思っていると

数時間後とか翌日には悲しい結果に成る事があります。



ですから前もってうさぎを診る事の出来る獣医さんを探す事が大切です。

診てくれるだけなら簡単に見つかるかもしれませんが、

うさぎについて本当に詳しい獣医さんはごくごくわずかです。

いざと言う時に病院が休みでは意味がありません。

2、3件は知っておくと安心です。

夜になってから急変する事が少なくないので、

夜間病院も調べておくともっと安心です。



さて、前置きが長すぎましたが

膿瘍の影響を受けている眼球の写真ですので

気持ちが良いものではありません。

苦手な方は注意してください。

目を背けたり閉じたりしてもらっても構いません。見えないけど。

鳥肌が立つほど苦手な方は他のページを見て和んでくださいね。




本当は真っ白ではなく黄色がかった色です。

眼球が飛び出し気味で、見えないけど充血しています。




こちらも同じで眼球が飛び出し気味です。

眼球の中は膿で一杯です。




クラビットと塩化リゾチームを毎日与えました。

塩化リゾチームにより膿が溶けてきたらしく、

眼球の膿に小さく空洞が確認できます。

膿が減ってきたと思います。




こちらも眼球の膿に空洞が確認できます。

両目ともちゃんと薬が効いたのですね。

眼球の膿が減ってきた為か、

眼球の飛び出しも治まりつつあります。




見ただけではほとんどわかりません。

たれ耳なので耳を持ち上げない限りは気づかない場所です。

どうしてこんなに分かり難い場所に膿瘍があると気づいたかと言いますと、

マッサージをしている時に指がしこりに当たり気づきました。




3週間でこの進み具合は嬉しかったです。

効果が見えるまで半年ぐらいかかると思っていましたから。

効果が実感できると頑張れます。

投薬はまだまだ続きますよ。

| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 16:21 | comments(0) | - |
膿瘍で動物病院へ
病院通いは2年以上にもなります。

膿瘍のお薬は抗生物質を2種類飲ませていました。

急激に酷くはならないものの、少しずつ悪化しています。

右耳の付根に3cmの膿瘍があります。

右耳の中を覗くと、数日ごとに右耳から固まった膿が出てきます。

膿が外へ出てくる事で

急激に酷くなる事が避けられていたかもしれません。

しかし、目からも膿が混じった涙が出るようになってきたので限界です。



うさぎを診て頂ける別の病院へ行き、

膿瘍についてくわしくお話を聞くことが出来ました。

大変に勉強家の知識豊富な女医さんで説明も丁寧にしてくださいました。

思い切って違う薬を出して頂けるか尋ねたところ、

快くお話を聞いていただけて薬をわざわざ取り寄せてくださいました。



今まで切開して膿を出す事が出来ませんでしたが、

今回出していただけた別の薬で膿瘍が小さくなり、

目への圧迫も少なくなることを願うばかりです。



錠剤カッターでそれぞれ4分の1と2分の1に切って、

パインキューブに埋め込み食べさせました。

これを1日に2回与えます。

頑張ってねエル。私も頑張るから。



散歩じゃなくて病院に行くんだよ。





大きさは3cm





2種類の錠剤。

このまま丸飲みする訳ではありませんよ。







錠剤カッターとクラッシャーが一体になったタイプは

とっても便利で重宝しています。

あちこち探し回って東急ハンズでやっと見つけて買った。



| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 09:57 | comments(4) | - |
膿瘍と白内障

エルちゃんは右耳の付根に膿瘍があります。

内耳から目に及んでいます。脳に近く、神経が集中している場所です。

かなり手術は難しい場所である事と、

もうすぐ8歳になるためリスクの方が多く、

チーズ状の膿を出す手術は出来ません。

最初は白内障だと思っていたのですが、

膿が目の内側に入り込んできているそうです。

西洋医学的には抗生物質を2種類とサプリメントを毎日飲ませています。

東洋医学的には免疫力を高める効果を期待して別の病院で

鍼灸、低周波、レーザー治療をしています。



ラズちゃんは牧草で右目を突いたらしく傷がつきました。

目薬を長期に渡り点していましたが、白内障になってしまいました。

白内障の目薬に切り替えて進行を遅らせています。

エルと同じように免疫力を高めるために

鍼灸、低周波、レーザー治療をしています。





先生が手作りされたナースキャップです。

いつもは先生の飼っているうさぎのあーちゃんが被っている物です。

ちょっとお借りして写真を撮りました。





ラズちゃんにも被せてあげました。

向かって一番右は先生が飼われているうさぎのあーちゃんです。

| うさぎの病気/膿瘍・パスツレラ | 00:01 | comments(0) | - |