*カレンダー*
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
PR

うちゃぎーずTOPページへ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
同情作戦ガーナちゃん
冷蔵庫の前でこれ見よがしに哀愁を漂わせているガーナちゃん。

20091103_1.jpg




ちらちらと私の方を見ながら
「何も食べ物を貰っていなくて可哀想な子」をアピールします。

20091103_2.jpg

この姿をパパが見ちゃったら、何も知らずに食べ物をあげてしまうと思います。

でもね・・・

さっき夕食を済ませたところなんだよね、ガーナちゃん。
ニンジンも食べたよね。

20091103_3.jpg

おうちに戻ってチモシーを食べてください。

のんびりダイエット中ですからね。

部屋で放し飼いをしているのですが、その環境に慣れすぎてしまったのと
加齢の為にゴロゴロする時間が長くなってきました。
それで隣の部屋も頻繁に行き来できるようにしました。(部屋の戸を開けっ放しにしただけ)
あっちこっち探検する事により、知らず知らずのうちに運動量が増えているのです。
獣医さんのお話ではガーナちゃんの骨格を考えると
2200g前後ぐらいにもっていけたらいいのでは、との事です。
その目標まであとマイナス100gぐらいです。
急激なダイエットは肝機能障害をおこすので
気をつけながらゆっくりと少しずつ行ってくださいとの事です。
あと半年ぐらいの期間をかけてゆっくりと行きますね。
現在2350g
| うさぎの病気/肥満 | 11:59 | comments(4) | - |
二人ともダイエットですよ
ここ最近の写真でガーナちゃんが大きく見えるとの事。
ネーブルちゃんの方が少し小さいので、
ガーナちゃんの後ろにネーブルちゃんが居ると
余計にガーナちゃんが大きく見えるというか
ネーブルちゃんが小さく見えるというか。

20090921_1.jpg

現在300gの差がありますが、
ガーナちゃんの顔が大きいから余計に大きくみえるのか、
ネーブルちゃんの顔が小さいのか・・・。

20090921_2.jpg


立ち位置に差があるので並んだ状態で見てみましょうか。

20090921_3.jpg

ネーブルちゃんが後ろに下がっている状態の写真とでは
随分印象が違うような気がするのですが、
ガーナちゃんの方が大きいことには変わりありません。
二人並んでいる状態で上から見てみましょうか。

20090921_4.jpg

この写真が一番分かりやすいかな。
やっぱりガーナちゃんが大きいですね(^-^;A

手術後は太りやすいと聞いていたので、
お野菜と牧草をメインにしてきました。
ペレットは一日置きに一回だけで、補助程度の10gなんです。
その時はお野菜を減らしています。
しかしガーナちゃんだけでなくネーブルちゃんも太ってしまいました。

手術前は牧草をひとつかみ夕方に入れておくと、
翌日の朝まで足りていました。
しかし手術後は牧草をひとつかみ夕方に入れておくと、
その日の夜に無くなってしまうのです(>_<)
それでまた牧草をひとつかみ入れてしまっていたのです。
最近は追加するのを止めて
夕方にひとつかみ入れたらそのままです。
それで毎晩のように二人が冷蔵庫前に飛んで来るんですよね。
ものすごく怒った顔で(笑)
食欲旺盛すぎて悩んでいます・・・。
1日おきのペレットも止めたほうがいいですよね?
換毛中なのでお野菜を減らすのも心配です。
何だか年中悩みが尽きない気がしますよ。
頑張ってダイエットを続けますね。(私も)
| うさぎの病気/肥満 | 01:10 | comments(9) | - |
ガーナちゃんのダイエットの経過
10月27日(月)に動物病院へ行ったのはガーナちゃんなのです。
中年になった事とダイエットをしているので検査をマメにしています。
体重を量ったところ、2,450gでした。
ゆっくり順調に減ってきています。
自宅でも体重を量っているのですが、いつも動物病院と自宅の体重計では違いが出ます。
ですからブログに記録しているのは動物病院で量った数値の方にしています。

20081101_1.jpg

昔のガーナちゃんと比べてみましょうか。

20081101_2.jpg

違いに気付いて頂けましたでしょうか。

もっと凄い変化があります。
いつもガーナちゃんのマフマフ(肉垂)は二つに割れていましたが・・・

20081101_3.jpg


高い姿勢の時はマフマフ(肉垂)が割れなくなりましたーーーっ!

20081101_4.jpg

割れていないガーナちゃんを見るのは初めてかもしれません(*≧m≦*)
むはーっ。かわいい!(≧∇≦)

20081101_5.jpg



昔は軽やかに走る事ができず、私が余裕で追いつけるぐらいのスピードで早歩きぐらいしか出来ませんでしたが、
今は力強く俊敏に走ります。やっとウサギらしくなってきました。これはそのうち動画をアップしますね。

外で散歩させる時は絶対にハーネスとリードを付けなくてはいけません。もう今なら絶対走りますからね。



急激に食餌を減らすと肝機能障害になりますので、
慌てずゆっくり気長に少しずつペレットを減らしていきました。
1〜2gほど減らして、その量を数週間続ける繰り返しです。
でもペレットを減らし続けていただけではありません。
その代わりに数種類の野菜を少しずつ増やしていきました。
急激に野菜を増やすと腸内バランスが崩れますので、
本当に少しずつ日にちをかけて増やしていきます。
すると糞が柔らかくなったりしないのです。大きさも変わりませんし、食糞も残しません。
ですが少し黒っぽくはなります。

<現在>
朝 : 野菜3〜5種類 150g とペレット7〜8gと牧草ひとつかみ
夜 : 野菜3〜5種類 180gとペレット10gと牧草ひとつかみ(と言うか、わし掴みな感じで朝より多目に)

今の時期の野菜の種類は
水菜、春菊、グリーンリーフ、大根葉、ブロッコリー、セロリ、ニンジン、チンゲン菜、パセリ、タンポポ、
サラダ菜、サニーレタスの中から3〜5種類ほど少しずつ盛り合わせにしてあげています。
今朝のメニューは、春菊・大根葉・ブロッコリー・ニンジン・グリーンリーフでした。

これからもガーナちゃんの体重が減少していくのを見計らいながらペレットの量を1〜2g減らしていきます。
ガーナちゃんの場合、動物病院で定期的に血液検査とレントゲン撮影をして
肝機能や脂肪の状態を診ていただき、
骨格も考慮した上でダイエットをまだ続けるよう指導を受けています。
急激なダイエットにならないよう獣医さんも私も気をつけながら進めています。
(もちろん他の病気のチェックもしていただいています。)

ガーナちゃんは内臓脂肪により腸が圧迫されているので、
ちょっとした事でもすぐに胃腸停滞(うっ滞)になりやすかったのです。
心臓肥大になってしまう事も怖いのですが、
他にも怖いのは脂肪により内臓が前方に押し出され、
小さな肺と心臓を圧迫してしまう事です。
マフマフ(肉垂)の脂肪が増えて大きくなる事で肺と心臓を圧迫していました。
ガーナちゃんの場合はマフマフからも内臓脂肪からも肺と心臓を圧迫していたのです。
この状態でもしも仰向け抱っことかしていたら呼吸が出来なくなったり心臓に負担が掛かり危険でした。
(獣医さんから仰向けにさせないよう指導を受けています。)

ガーナちゃんのケースのようにウサそれぞれ色々あると思いますので、
ダイエットはウサギに詳しい獣医さんと相談しながら、
その子に適切な方法と期間で進められると安心かと思います。
| うさぎの病気/肥満 | 11:16 | comments(3) | - |
ダイエットの経過
今日、動物病院で量ったら2,550gで順調に減ってきました。

20080908_1.jpg

自宅でも時々計っています。
自宅にある体重計は50g単位の物です。
大人しく体重計に乗らないのでキャリーバッグに入れた状態で量っています。

食欲はあり糞の状態も通常ですが、何となく覇気が無かったので病院へ行きました。
もう4歳ですし肥満なので余計に心配なんです。
動物病院でレントゲンを3方向から撮ってもらい歯、心臓、肺、胃腸、骨を丁寧に確認。
触診もして頂きました。
異常はありませんでしたが、やはり脂肪がまだ多いので食事に気をつけてくださいとの事。

20080908_2.jpg

夏バテか季節の変り目で元気が無いのかも。
ペリアクチンの粉末を処方されました。

朝20gのペレットと牧草一掴み。
夕方10gのペレットと牧草一掴み。
寝る前に10gのペレットと乾燥ニンジンを一つまみ。
一度にペレットをあげると一気にガツガツ食べてしまうので夕方と夜に分けています。
他には1〜2日置きに青梗菜や春菊をあげています。
もっと野菜を増やしてペレットを減らした方が良いのかな・・・。
まだまだ試行錯誤です。

20080908_3.jpg

ゆっくり一緒に頑張ろうね。
| うさぎの病気/肥満 | 18:37 | comments(5) | - |
ペレット変更【動画もあり】
昨日と今日の2日連続うさぎのおしろさんへ行ってきました。
昨日はチモシーゴールドヘイ。
今日は教えて頂いたバニーベイシックスTを買いに行きました。
少しでもダイエットの助けになるならと思いました。

20080112_1.jpg

照明の角度的にノエルちゃんのスペースで写真を撮っていたら、
匂い付けが始まりました。

20080112_2.jpg

好奇心旺盛でワクワクしてはしゃいでいましたが、
残念ながら全部ガーナちゃんの物です。

20080112_3.jpg


ガーナちゃんも我が家に無いニオイにすぐさま反応して寄ってきました。
開封すると落ち着かない行動になります。

20080112_4.jpg

少量を袋から出そうとしていた時に襲われました(笑)

20080112_5.jpg

初めてのペレットなのに食べる気満々のようですね(*≧m≦*)
それでは早速あげてみましょうか♪

20080112_6.jpg

この下の動画はペレットをあげたところから始まります。
笑いが堪えきれずに「ふ・・・ふふ・・・」と鼻から笑いが漏れたり、
独り言を言っているので、音量にご注意くださいませ。



http://www.youtube.com/watch?v=STvHSc2y3Rs

| うさぎの病気/肥満 | 18:05 | comments(8) | - |
ペレットの量は
のんびりダイエット中のガーナちゃん。

20080110_1.jpg

数日前に健康診断で動物病院へ行った時、
脂肪が多いと子宮の病気になりやすいので
引き続きダイエットを続けてくださいとの事でした。
しかし体重は2700gで停滞しています。
実は元々の体重は2800gでダイエットをしてから2650gまで痩せたんです。
しかしなぜか2700gにリバウンドしてしまいました。

20080110_2.jpg

12月からペレットの量は40gにしています。
それを一気食いしないように4回に分けてあげています。
まだペレットの量を減らしたほうが良いのでしょうか(>_<)
牧草はAPDのチモシーゴールドヘイ(284g)を1ヶ月で3袋ペースです。
アメリカチモシー1番刈りも少し食べます。
| うさぎの病気/肥満 | 21:25 | comments(8) | - |
ダイエットの方法は?
ペレットを減らして体重が少しずつ減ってきたガーナちゃん。
しかしリバウンドしてしまいました。
これ以上ペレットを減らして急激にダイエットするのも危険ですよね。
食べ物の執着は物凄く、ガツガツしているんです。
常に飢えている状態で性格が凶暴になりそうなんですよ。

20071206_1.jpg

肥満によく見られる「一気食い」をします。
一日に2回の貴重なペレットを一気に食べちゃうんですよ。
目をひん剥いてガツガツと人が変ったように食べるんです・・・。
だからすぐにお皿が空になって、空のお皿をブン投げます。
時にはお皿を頭突きでズルズルと私のところまで持ってきて、
「もう空なんですけどっ!!!」って訴えるんです。
だから一気食いしなきゃいいのに・・・

ずっとどうしたものか考えていましたが、
小分けする事にしてみました。
合計の量は同じ体重の2%なんですが、
それを4回に小分けする事で「一気食い」を止めさせる事が出来ればと。
ペレットはバニーセレクションのシニアです。
アガリクス配合がどうしても魅力的に感じてしまうんですよね。

牧草はアメリカンチモシー1番刈と北海道チモシー3番刈と
オーチャードグラスの3種類をあげています。
メインとしてはアメリカンチモシー1番刈です。

他にあげているのは、アリメペットを毎日です。
あとは日替わりで乾燥タンポポや乾燥にんじん葉や
生のだいこんの葉やビタミン菜や青梗菜や春菊です。
手に入れば生のにんじんの葉をあげることもあります。

20071206_2.jpg

一気食いが直って効果が現れてくれると良いのですが・・
| うさぎの病気/肥満 | 00:50 | comments(10) | - |
うさぎのダイエット
ガーナちゃんには申し訳ないのですが、
とうとう「肥満」のメニューを追加してしまいました。

ガーナちゃんは今年の5月で3歳になりました。
まだ若いのに同じものを食べている7歳のベガちゃんより
糞の状態が良くありませんでした。

今までずっと食べ物と糞の状態は直結していると思っていたので、
何か病気になっているかもしれないと心配になり、
数ヶ月前に健康診断を受けました。

そして肥満で内臓脂肪により腸が圧迫されて、
腸の働きがスムーズに行われていない事が分かりました。
先生からは「ペレットをあげないでください」と言われましたが、
急にあげなくなるのは可哀想だと思い、徐々に減らすことにしました。

それからペレットを一日置きにバニーセレクションシニア15gにしました。
これでも私はゆっくりとダイエットをしているつもりでしたが、
ガーナにとっては飢えに飢えた状態になり、
おっとりした性格が荒々しくなってしまいました。

2件のうさぎ専門店で相談したところ、
急激にペレットを減らすのは良くないと教えていただき、
一日2回与え、1回の量を15gにしました。
これで一日のペレットは30gとなりました。
若いうさぎにバニーセレクションシニアを与える事はどうなのか
聞いたところ大丈夫ですと言われました。

とりあえずガーナの性格は戻りました(笑)
老人食のバニーセレクションシニアですが
一日2回のペレットで「食べた感」が少しはあるようです。
それでも食べ物がどこかに落ちていないか探しますけど(笑)

そして先日、ベガと一緒に動物病院へ行きました。



ガーナちゃんの性格はどっしりと落ち着いた感じでおっとりしていますが、
慣れない場所では腰が引けて固まり呼吸が速くなります。



パニックになるベガちゃんより怖がりな事が分かりました。
人は見かけによらないですね。(あ、うさぎだった)

そして3ヶ月間のダイエットの結果、マイナス150gになっていました。
このペースで大丈夫でしょうか?
あと650g痩せないと元々の体重にならないんですけど・・・



しかし、痩せれば良いってものではないと思うので
あと300gぐらい痩せたら維持していこうと考えています。
ダイエットとは言え、一番気をつけているのは健康なので、
毎日ガーナちゃんの状態を見ながら少しずつ気長にやっていこうと思います。





横浜で11月にうさフェスタが開催されますね。
昨年は名古屋から無謀にも日帰りで行って時間が足りませんでした。
1ヶ月前にはすでに宿泊施設がどこも一杯だったんですよ(涙)
もっとゆっくりたくさんお話が出来たら良いなと思いました。

今年は泊まりで行きますので2日間とも行く予定です。
と言うか、もう予約しちゃいましたー!(予約してもらったw)
だって今から予約しておかないとすぐに一杯になっちゃうもん。
横浜名物食べまくるぞー!(≧∇≦)ノ ←(そっちかい)
| うさぎの病気/肥満 | 10:29 | comments(0) | - |