*カレンダー*
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
PR

うちゃぎーずTOPページへ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
動物病院へ行ってきた
ベガちゃんに心臓肥大が見つかってから薬を毎日飲ませています。
前回の検査で肥大が小さくなりつつありましたが、
毎月の検査がベターとの事なのでレントゲン検査をしてきました。



心臓肥大なので本当は心臓に負担をかける事をしなくないのですが、
放置するなんて私には出来ないので、そーっと病院へ連れて行きました。

状況を知る為のレントゲンですが、うさぎにとってはそのこと自体が
大変なストレスで心臓がバクバクします。
主治医の先生はうさぎの扱いに慣れていて、
うさぎに出来るだけ負担をかけない様に手際よく進めてくださいます。
もちろんレントゲンを撮るのに麻酔なんて使いませんよ。
あっという間に撮って、そーっとベガちゃんを戻してくださいます。

レントゲン写真を見ながら説明を受けたところ、
心臓肥大の状態は完全に戻ってはいませんでしたが、
小さくなりつつある方向で落ち着いているとの事でした。
投薬はまだ続けます。
薬の作用で心臓に負担をかけないようにしているからであって、
治った訳ではないからです。


ベガちゃんはほとんど脂肪が無い子です。
以前、短期間に体重が300g減って危ない状況でしたが、
150g戻っていました(≧∇≦)
少し前から徐々に戻りつつあるとは分かっていましたが嬉しいです。



採血もしてきました。
他の病院では耳から時間をかけて採血すると聞いたことがありますが、
ここの病院では後ろ足から手際良く採血します。驚きの早さです。
ベガちゃんは採血の時は「ヒュゴーヒュゴー」と鳴いていました。
一杯ナデナデして褒めてあげないとね。





このまま状態が落ち着いていれば次回の検査は8月末頃を予定しています。


実はガーナちゃんも病院で検査を受けました。
明日書こうかな。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 13:00 | comments(4) | - |
うさぎの薬とサプリメント
一日おきに片道1時間弱の動物病院へ通っているベガちゃんは
誰よりも怖がりでちょっとした変化でパニックになってしまいます。
どれだけストレスを感じている事でしょう。
丁度その時、ブログを見てくださっている方から教えて頂いた物が
バッチフラワーレメディでした。
種類がたくさんある中でベガちゃんにピッタリの物を購入しました。



スポイト付きの瓶に入っている10mlの液体です。
使用量は1、2滴です。

どうやって飲ませようか考えたのですが
私の指先に1滴たらして、その指をベガちゃんの
前歯の横辺りの口へ塗りつけました。そうする事でペロペロ舐めるのです。
連れ出すたびに与えていますが、随分落ち着いてきました。

現在ベガちゃんに与えている薬とサプリメントをまとめてみました。



これらの全部を毎日与えているわけではないですが随分多いですね。
体調を崩し始めたと同時に下痢になったことがあって
その時に出されたのが粉末の整腸剤です。2日ぐらいで治りました。
それからは使っていません。

私自身も片道1時間弱の運転は非常にストレスなのです。
ベガちゃんを連れて行くことが嫌な訳ではなく、
車の運転が怖くて仕方ないのですよ。
普段は車で片道5分のスーパーへ週1、2回行く程度。
これでも精一杯ハンドルを握り締めてドキドキしながら行っています。
それが往復2時間でしょ。そりゃ疲れますって。
メニエールでフラフラな状態をごまかしながら仕事へ行き(笑)
帰ってきてから動物病院へ車を走らせます。
掃除に洗濯、食事の支度・・・出来ませんって!無理、無理。
とうとう寝込んでしまったので、
最近は相方にベガちゃんを連れて行ってもらっています。

私もベガちゃんと同じようにレメディを使おうと思い購入しました。



気力活力が出る種類と思考力を高める種類を4本。
使ってみたところ私にピッタリ合っていたようで
効果を感じる事が出来ました。


お陰様でベガちゃんは通院で体調を崩すことなく食欲があります。
パニックも以前より少なくなってきました。



心臓肥大は血管拡張剤が効いてきた為か心臓が小さくなりつつあります。
もう暫くは続けないといけませんが、正常な大きさに近づいてきました。
早期発見、早期治療で効果が現れて本当に良かったです。
そしていつも思うのです・・・ラズちゃんの事を。
ラズちゃんの心臓肥大も早期に見つけてあげていたらと。
ごめんね、そしてありがとう。今でも何度も思います。

ベガちゃんは歯の付根の骨が変形してきている事が一番の悩みの種ですが、
それでも何とか腸の機能については異常が無いので立派な糞をしてくれます。



大きな糞をしてくれると嬉しいです。
健康な時は「こんなにたくさん糞をちらかしてー」なんて思っていたけど
今は「大きいのが一杯出て良かったね〜(≧∇≦)ノ」とナデナデです。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 12:33 | comments(6) | - |
鍼灸の日
心臓肥大が見つかってから毎週日曜日は鍼灸、低周波、レーザーの日。
今日のように暑い日は水を入れて凍らせたペットボトルをタオルで包んで
キャリーバッグに入れて連れて行きます。

いつものように心臓のツボと足腰のツボをお願いしました。





今日も固まって動かないベガちゃん。
スムーズに進んでいきます。

先生のあーちゃんが散歩する時はハーネスになる服を着せてもらうそうです。
ベガちゃんも似合うかしら。



いつもこちらであーちゃんの衣装を着せて写真を撮るのですが、
本当は正式に着せていません。
実は着せているかのように見せかけて服を乗せているだけなのです。
服の端っこをお腹の下に隠しているだけで着ているように見えるんです。

婦長のあーちゃんがベガちゃんに近づいてきました。
あーちゃんの服をベガちゃんが着ているから気になるのかしら。
すぐに返すからね。









なんちって。

また来週も予約してきました。
これから外が暑くなるから出掛ける時は暑さ対策の準備が大変です。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 16:18 | comments(5) | - |
ペットクリニックにて
先週と同様、心臓のツボや足腰のツボに鍼灸、レーザー、低周波をお願いしました。
ベガちゃんはとっても大人しく治療がスムーズに進み、短時間で済みました。
そのお陰で予約してあった時間に少し余裕が出来たので、
先生のあーちゃんと遊ばせてみました。
婦長のあーちゃんは先生と共に出勤して
仕事が終わると一緒に帰るそうです。









あーちゃんは衣装をたくさん持っていて時々記念撮影用にお借りします。
我が家は一着も服を持っていないので良い記念になりました。
あーちゃんやあーちゃんの服の話をする先生はとっても嬉しそう。
何かあったらすぐに治療を受けられるあーちゃんは幸せ者ですね。

そして来週も予約してきました。



2階建ての建物で1階は接骨院。
そしてその2階にナゴヤはりもぐペットクリニックさんがあります。


| うさぎの病気/心臓肥大 | 20:30 | comments(4) | - |
ペットの鍼灸治療
昨日はいつも行っている近くの動物病院で
ベガちゃんの心臓肥大が発見されました。
初期段階なのでサプリメントをだされましたが、
それだけでは不安なのです。
ペットの鍼灸をされているナゴヤはりもぐペットクリニックさんへ
予約の電話を入れて行ってきました。
心臓のツボと他には足腰のツボをお願いしました。
ベガは高齢うさぎなので結局は総合的なツボの鍼灸と
低周波治療、レーザー治療をしてもらいました。



まだ慣れない場所なので最初はちょっと緊張気味ですが、
ツボに効いてくると段々・・・



気持ちが良くなり緊張もほぐれたのか、
先生から頂いたニンジンの葉を食べ始めました。



ベガちゃんは、咥えて運べる食べ物は自分のテリトリーに
移動してから食べる事がよくあります。
ここはペットクリニック。自分のテリトリーはキャリーバッグだけです。



数本のニンジンの葉をまとめて咥えて引きずって運びましたよ(笑)
先生から持ち帰って良いよと言われ、ありがたく頂きました。



来週の日曜日も予約を入れて帰宅しました。
これからベガの為に出来るだけ毎週通う予定です。




♪-----------♪-------------♪-------------♪------------♪


ナゴヤはりもぐペットクリニックさんがテレビに出演されるそうです。
6月11日(月)メ〜テレ「UP!」
18:17から19:00の間

※以前、5月14日とお知らせしましたが、直前で変更となり
6月11日に延期になったそうです。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 19:34 | comments(7) | - |
じゃあまたねラズ
動かなくなり冷たくなってしまったラズにエルはずっと寄り添っていました。

エルは「ラズちゃん起きて」って顔をペロペロしていました。





ずっとこのままにしてあげたいし、

私もずっとこのまま置いておきたいと思うのですが、

辛い気持ちのまま翌日葬儀を行いました。



人間同様に手厚く丁寧に供養して頂けると知人から聞いていた

長楽寺でお願いする事にしました。

電話したところ丁寧な対応をして頂きましたし、

葬儀の対応も心がこもっていたと思います。

聞いた話以上に納得出来ました。

市内にこのような温かい動物の為のお寺があって本当に良かった。



ラズの姿を見ることが出来る最後の日となりました。



ずっとラズに謝っていました。ずっと離れずにいました。

このまま火葬せずに済むのなら火葬したくない・・・

私の目の前にずっと居て欲しい。

どうしてこんなことになってしまったのだろう。

もっと早くラズの検査をして早期発見できていたなら助かっていたのに。

うさぎは具合が悪くても平気な振りをするって分かっていたはずなのに、

どうして私はちゃんと定期的に検査してあげなかったのだろう。

ごめんね、ごめんねラズ。助けてあげられなくってごめんね。

ラズの気持ちを分かってあげられずごめんね。

ちゃんと体の事を気づいてあげられなくてごめんね。

倒れるまで気が付かずに本当にごめんね。



お骨と姿を変えたラズを見た時は頭の中が真っ白になりました。

それでもずっとラズと一緒に居たくて、側に居て欲しくて

このまま寺に預ける気持ちになれず連れて帰ってきました。







ちゃんと側に居てくれるかな。

エルちゃんたちの事、見守ってくれているかな。

今度生まれ変わってくる時はまたうさぎの姿なのかな。

別の姿なのかな。

その時もまた一緒に暮らしてくれるかな。

一緒に暮らそうよ!ね!

いつの日にかまた会える時まで

じゃあまたねラズ
| うさぎの病気/心臓肥大 | 23:55 | comments(7) | - |
ありがとうラズ
13日(土)ラズはバナナや青梗菜に飛びついてくるほど食欲がありました。

呼吸は苦しそうにしていましたが酸素缶でなんとか凌いでいました。



14日(日)は少し食が細り、顔を上に向ける事が多くなりました。

午後から酸素エアチャージャーを購入し夕方からすぐに機械を使用しました。

数十分使用すると少し呼吸が楽になったのか

上を向いて鼻と口を大きく広げていたのが小さくなりました。

これでいけると思ったほどでしたが、

夜中から呼吸がかなり苦しくなってきたようで上を向いたままになりました。

酸素エアチャージャーでは追いつかなくなり、

酸素缶で酸素を頻繁に与えました。

それでもお水を飲みにケージに戻る元気はありました。



15日(月)に朝一で病院へ行きました。

先生から危ない状態なので酸素室へ入れますと言われ入院しました。

夕方にラズを迎えに病院へ行きましたが、

症状は変わらないままだったそうです。

ステロイド、利尿剤、痛み止めの注射をしたそうです。

その後、ラズを家へ連れて帰りましたが、

ウンチもおしっこも出ませんでした。

注射した利尿剤が早く効いてくれて

肺の水が抜けたら呼吸も楽になってくるのに・・・

ひたすら願いました。ラズを元気付けようとナデナデを一杯しました。

ほとんど何も食べていないし飲んでいなかった所為もあるかもしれない。

食欲はほとんどなくなりましたが、夜に牧草の柔らかい部分を少しと

穂果さんの乾燥パパイヤをひと齧り、パパイヤキューブを一粒食べました。

酸素エアチャージャーと酸素缶を併用し続けました。

うん、大丈夫。きっと大丈夫。

そのうち薬も段々効いてくるから大丈夫。

もうちょっとの辛抱よ。





そして今日、16日(火)

大好物を口に持っていっても食べません。

お腹が空になったら大変なので、

野菜ジュースとお水をシリンジで少しずつ時間をあけて数回与えました。

飲んでくれたし、ナデナデしたら嬉しそうだったので少し安心しました。



今朝の9時過ぎに撮った写真です



この写真を撮ってから仕事へ行きました。



それでもどうしても心配なのでお昼に家へ戻ってきました。

相方が買ってくれた黄色の丸いホットカーペトの上でエルと寄り添っていました。

ラズに近づくと亡くなっている事に気が付きました。

まだ体温もあったし体も柔らかかったし、

目もキラキラしていて乾燥していませんでした。

まだ間に合うかもしれない!

心臓マッサージをしたり人口呼吸をしたり酸素缶で酸素を与えてみたり、

体をさすったりしましたが、息を吹き返す事はありませんでした。



そっと床に戻しゆっくり寝かせてあげました。

エルがどうしてもラズと離れたくないって言うんです。



ずっとずっとラズに毛繕いをしてあげています。



ラズは12月2日に倒れてからずっとエルの為に頑張ってきたと思います。

エルがいつも寄り添ってくれたから1か月半も頑張ってこれた思います。

苦しくても生きようと目をキラキラさせていました。

私や相方には「私は平気だよ」って顔をいつもしてくれました。

今朝も野菜ジュースとお水を飲んだ時だって

私に辛い素振りを見せず平気な素振りをしていました。

本当に賢くて思いやりのある頑張り屋さんでした。

もう苦しくないよね。痛くないよね。

もう薬を飲まなくてもいいんだよ。







ラズには今までありがとうと言います。

我が家に来てくれてありがとう。

私の子になってくれてありがとう。

笑顔と幸せをありがとう。

ラズのお陰でうさぎが一番大好きになりました。



私達がラズのところへ行く時まで待っていてね。

それまで忘れないでね。ちゃんと迎えに行くから。

そしてまた一緒に暮らそうね。絶対だよ。永遠の約束だよ。





闘病の途中でくじけそうになった私を励ましてくださった皆様に心からお礼申し上げます。

経験談や情報、アドバイスもたくさん頂きましてありがとうございました。

随分と助かりまして実際に役立たせてもらいました事も重ねて御礼申し上げます。

今後も時々ラズの思い出を話すと思います。

またエル、ベガ、ガーナの事も引続き見守って頂けると幸いです。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 20:07 | comments(19) | - |
酸素と安静
ラズの呼吸は不安定で苦しそうです。

先生からは辛そうに呼吸をしていたら

酸素缶で酸素をあげてくださいと言われました。

それと、とにかく静かーに安静にしてあげてくださいとの事です。

明日の日曜日は鍼灸の方のペットクリニックを予約してあったのですが、

お詫びをしてキャンセルさせて頂きました。すみませんでした。

もしキャリーバッグにいれたら呼吸が乱れて倒れそうな状態なのです。



ラズには動くなと言っても仕方ありません。

サークルの向こうにいるベガやガーナを見たくて移動してきます。











いつもはサークルにシートをかけてお互いに見えないようにしていますが、

ラズがシートのすき間から見ようと頑張っていたので

一時的にシートを外してあげました。

ラズはサークル越しにベガをぺろぺろしていました。

お互いに嬉しそうでした。

こんな楽しみまでラズから奪ったら可哀想です。

ラズが見たいと私に目で訴えた時は、また面会させてあげようと思います。

ラズにとってそれが息抜きになっているだろうし、

仲間を見ることで気力も湧いてくると思うのです。



辛そうに呼吸をしているラズですが、

肺水腫の薬の効果が出るには1週間ほどかかるそうです。

それまで頑張って持ち堪えてもらいたいと願っています。

この1週間が山場だと言われています。









鼻を目一杯広げ、口も開いて苦しそうにしたら酸素缶で酸素を吸わせます。

スプレーのボタンを軽く押しながら少しずつ酸素が出るようにあげました。

今日の一日で5Lの缶1本を使いました。

残り6缶あるのですが、もっと苦しくなったら大量に必要だと思うので

たくさん買い足さないといけませんね。



酸素エアチャージャーを検討した事があるのですが、

30%の濃度なのでラズの症状が悪化した時には

その濃度では間に合わないという事と、

ケースに入れて使用した場合、ケース内の温度と湿度管理が出来ないし、

30分ごとにスイッチを入れなくてはいけないので難しいとの話でした。

病院が休みでも何かあったら電話してくださいと言われましたし、

夜間緊急病院でも酸素の設備があるとの事ですし、

24時間対応の病院も高いけどあります。

今のラズの状態はいつ様態が急変してもおかしくないので、

ラズを連れて病院へ飛んでいく心の準備を相方としています。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 23:02 | comments(7) | - |
肺水腫
昨日からラズは鼻を不自然なほど一杯広げて呼吸をするようになりました。

すぐに病院へ連れて行きレントゲンを撮ったら

肺に白い影が見られました。肺水腫を起こしていると言われました。

ずっと前に心臓肥大と言われた時から恐れていた事でした。



治療方法として血管を広げて血圧を下げる事と

溜まった水を尿として排出させる事です。

血圧を下げる薬はレナベリック。

利尿剤はラシックスを処方されました。

利尿剤の方は一日置きの投与になります。

どちらも注意が必要なお薬です。







どんどん体が不自由になりラズの辛そうな顔を見ていると

早くなんとかしてあげたいと思うのです。

薬が5種類となりました。

今までは3種類を夜に飲ませていましたが、

5種類を一度に夜に飲ませるのは可哀想なので

夜に飲ませなくてはいけない薬だけを夜にして、

他の薬は朝飲ませる事にしました。

たくさんの薬すべてを野菜ジュースに溶かして飲ませる事は

ラズにとって負担が重くなります。

粉末の薬をパインキューブで包んで食べさせる事にしました。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 00:28 | comments(4) | - |
足をずるずる
ラズの左後肢に少し力が入るようになってきたと思ったら、

それはほんの一時的な事でした。

右後肢も段々力が入らなくなってきて、

左後肢の指先はもう感覚が無くなってきているようです。

時間があればマッサージをしているのですが、

左後肢の指の部分に触ったり握ったりしても

ラズは力を入れてくれなくなりました。

爪の血管が他の足に比べると先の方まで来ていません。

段々と血行と神経が悪くなっているのですね。

指先がふにゃっとしたままです。

私はどうしたらいいのですか?







左後肢も位置が変ですが、右後肢も少し変です。

それでもラズはちょこちょこと動く事があります。

ずるずると移動してお気に入りの場所へやってきます。







ここにあった人間用のホットカーペットはケージの近くに移動させました。

それなのにパソコンデスクの下にやってくるのですよ。

仕方が無いので、ペット用のヒーターをパソコンデスクの下へ置きました。

本当はあまり登って欲しくないんですよ。

感覚のない足を痛めちゃうじゃないですか・・・

ここ最近のラズを見ているとハラハラしますが、

少しでも動いてくれるだけ喜ばなくては。



私がミニタイプの三脚を使って写真を撮ろうとしたら、

好奇心から近づいてきました。







ずるずると一所懸命寄ってきます。

こんな状態になっているのにラズは思いやりのある子なんです。

エルにぺろぺろしてもらったら、ちゃんとお返しをしてあげるのです。







ラズは思い通りに足が動かなくて時々落ち込んでいるのですが、

エルがくっついて毛繕いをしてくれると嬉しいようです。

もしラズもエルもひとりぼっちだったらと思うと可哀想ですよね。

心の支えになる相手が居ないって寂しいもの。
| うさぎの病気/心臓肥大 | 22:19 | comments(7) | - |