*カレンダー*
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
PR

うちゃぎーずTOPページへ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ケージに閉じ込めっ放し?!
普段ガーナちゃんはサークルに囲まれたスペースで暮らしています。
ケージは水を飲む時と拗ねて隠れる時に使う程度です。(笑)
床で滑らない様、洗えるペットシーツが敷いてあります。
サークル内でも小走りは出来ますが、
床のペットシーツを取替えて洗う際にサークルを外すので、
そのタイミングで伸び伸びと思いっきり遊ばせます♪

20080211_1.jpg

ノエルちゃんのケージがあると周りにメチルメルカプタン臭の糞をしたり、
チッコを撒き散らすので、ノエルちゃんはケージと共に隣の部屋へ移動しました。

20080211_2.jpg

己の強さを見せつけようと意気込んで相手の縄張りへ入ります(笑)

20080211_3.jpg

ノエルちゃんが見当たらないので探し回ると思ったら、
敵の縄張りも自分の天下になったと勘違いしはじめたようで・・・

20080211_4.jpg

自分の縄張りとノエルちゃんの縄張りを思いっきり走り回っております(*≧m≦*)

20080211_5.jpg

全部、私のもの!!!
そんな感じの笑顔ですか?


20080211_6.jpg
暫くしたら、ぬいぐるみと遊び始めて、ぬいぐるみに頭をくっ付けました。
う〜ん・・・女心は難しい(笑)
いやいや、ノエルちゃんは隣の部屋でケージに閉じ込めっ放しじゃないから。
サークルをセットし直したら、ノエルちゃんを直ぐにこっちへ連れてくるから。
ノエルちゃんにパンチをされるのに居ないと寂しいようですよ?( ̄m ̄*)
最近はサークルを挟んで添い寝する事が時々あります。
これは良い事ですよね?
| うさぎの散歩 | 20:14 | comments(9) | - |
部屋の中で運動(ノエル)
うさぎの場合、獣医さんやペットショップの方からフローリングは股関節を痛めたり
脱臼するので止めた方が良いですとアドバイスを頂いているので、
我が家では暫く絨毯の上で遊ばせていました。
犬や人間でもフローリングは股関節を痛めたり脱臼するケースがありますものね。
しかし絨毯はチッコしたときの掃除が大変でした。
そこで走っても滑らない洗えるペットシーツを敷いています。

20080210_1.jpg

運動って大切で筋肉や骨が丈夫になる事もありますが、
運動する事によって内臓も丈夫になり、健康には不可欠だと思うのです。
本来、飛び跳ねる生き物なんですから、飛び跳ねて走り回ると嬉しそうです♪
閉じ込めたままでいいはずが無いと私は思います。
何年も狭いケージに閉じ込めたままの動物を見ると辛い気持ちになります・・・。

危険な物を取り除き、齧る可能性のある物も取り除いた部屋で、
伸び伸びと放し飼いするのが私の理想です。
以前は全員仲良しだったので、実行出来ましたが、
現在は仲良しではありません。
そんな訳で普段はサークルで仕切り、それぞれのスペースで運動させていますが、
時間が多めに取れる時は、交替でケージに入ってもらい、
仕切りのサークルを移動させスペースを広げたところで運動してもらっています。

20080210_2.jpg

20080210_3.jpg

20080210_4.jpg

20080210_5.jpg

20080210_6.jpg

足腰も内臓もずっと丈夫で元気で長生きしてくれますように。
| うさぎの散歩 | 13:15 | comments(3) | - |
昼寝前の散歩
ガーナちゃんは窓際で外に出たそうにソワソワしていました。
冬にしてはポカポカ暖かいのですが、風はやっぱり冷たいです。
外に出してもゆっくり遊べないんじゃないかなと思いましたが、
本人は外に出る気満々なのでキャリーケースで外に出ました。

20071208_1.jpg

写真では見難いのですが、嬉しそうに瞳をキラキラさせていました。

20071208_2.jpg

扉を開けると直に出てきて回りを見渡していました。

20071208_3.jpg

前回と景色が変わってしまったのでキョトンとしていました。
スタタタと走ったり、土の匂いを嗅いだり、風を感じながら遠くを見たり。

しかし、ガーナちゃんは引き返して帰ってしまったので、
短い時間で散歩は終わりになりました。
寒かったのでしょうか(笑)
春のような暖かさじゃないと駄目ですね。
もう今年の散歩はこれで最後かな・・・。
なんだか寂しいな・・・。
一面にタンポポが生えている広い温室でもあればなぁ・・・(遠い目)


この畑の周りは塀で囲まれていますし、
ガーナちゃんはぴょんぴょんと機敏に飛び跳ねる事が出来ず、
スタタタとしか走れません。動きも遅いですしね。
ですから余り参考になさらないほうが良いかもしれません。
| うさぎの散歩 | 15:16 | comments(5) | - |
一緒に散歩は嬉しいな
ママのベガちゃんと娘のガーナちゃんと一緒に散歩させるのは2日目。
大家さんの畑におじゃましています。
大家さんが毎日世話をしている野菜がぐんぐん育って、
ベガちゃんとガーナちゃんがメチャクチャにしないか心配です。



半年前のベガちゃんはキャリーバッグの奥で固まったままでしたが、
すぐに出てくるようになりましたよ。ジーン
娘のガーナちゃんと一緒なら安心して出てこられるのでしょうね。
ちょっとは怖いと思いますが、
以前のように心臓が止まりそうになるぐらいのパニックにはなりません。



外に出てすぐはガーナちゃんに隠れて行動します(笑)
でも2人とも嬉しそうな顔をしているように見えるんですよ。
犬に比べて表情が分かり難いのですが、
ありったけの笑顔かもしれません(親バカ)
そして時間が経つごとに少し離れて駆け回ります。





たれ耳うさぎは警戒すると耳を前に出すのですが、
今日は通常の状態でした。
ガーナちゃんと一緒で安心しているのと
慣れてきたのもあるかもしれません。
たれ耳うさぎは走ると耳がパタパタするのです。
今日は昨日よりも伸び伸びと駆け回っていました。
同じ場所を往復して楽しんでいました。
その場所が安全だと分かると、それ以上他の場所に行かないようです。
私が同じ場所にしか居ないので、うさぎ達もそれを見て
この場所しか安全じゃないと思うのかもしれません。
どうなんでしょうね?
でも同じ場所で遊んでくれるから助かります。

今日はたくさん遊んだので耳が熱くなっていました。



保冷剤に2人で寄り添っているって事は、やっぱり熱いんだ。
暫くこのまま熟睡していました。
| うさぎの散歩 | 15:54 | comments(6) | - |
親子で散歩は心強い
今日はベガちゃんとガーナちゃんを一緒に外へ連れて行きました。
私一人では無理なので相方も一緒です。
相方と一緒じゃないと2羽を同時に連れ出せないですよね。



怖がり屋さんのベガですが、ガーナと一緒なら少しは安心するようです。



娘のガーナちゃんを頼りにしているようです。
でも恐怖心はあるみたいで、帰ろうとしていました(笑)





今日は独りぼっちじゃないから大丈夫。
見えるところにパートナーが居るから安心。





片方ずつ外へ出すより、親子一緒に連れて行ったほうが良いと思いました。
ベガちゃんもガーナちゃんも今までで一番動きが良かったですよ。



ガーナちゃんが帰ろうとしたらベガちゃんも帰りました。
今日の散歩で一緒に連れ出すとお互いに安心する事が分かったので
これから出来るだけ一緒に出してあげようと思います。
| うさぎの散歩 | 22:00 | comments(5) | - |
散歩したくない
昨日の続きです。
ベガちゃんは7月で7歳になります。
足腰が弱ってきているので散歩して運動になればと思います。
夏になってしまうと外へ連れて行くことが出来なくなります。
それ以前に年齢が年齢だけに、あと何回散歩することが出来るのか・・・。
余り後ろ向きな考えはしないようにしているのですが、
高齢になると一日一日がよりいっそう貴重なのです。
今度の秋に散歩させられるか、来年の春に散歩させられるのか・・・。
色々考えてしまうのです。
足腰も弱ってきているし、寝る時間も長くなってきています。
半年前と比べてもガタッと動きが少なくなってきているのです。
そんな理由もあって動けるうちに外の景色を見て欲しい、
外の風を感じて欲しいと思うのです。






以前に比べて外に慣れてきたのか動きが良くなったような気がします。



周りを見る余裕が出来たのかな? と思いましたが
どうやら怖がってばかりのようです。
少したたずんでいたかと思ったらパニックになりました。





ほんのちょっとの時間でしたが自宅へ連れて帰ることにしました。
散歩を楽しむどころか嫌いなようですね・・・



前回のようにパニック状態でがむしゃらにグルグル回って
訳のわからない行動をすることが少なくなりました。
相方さんも休みのときに二人でベガちゃんとガーナちゃんを
同時に連れて出してあげようと思います。


昨年の秋の散歩の時点ではベガちゃんの足腰はまだ丈夫で
どこまででも走って逃げてしまう勢いがありました。
その時はハーネスと5mの延長リードを使用しました。
今回リード無しで散歩させる事が出来たのは、
この半年で足腰が衰えて、ちょっとしか走れなくなったからです。
地面を蹴る力が弱々しいのです。もう遠くへ行く事が出来ません。

ガーナちゃんはもうすぐ3歳になるのですが、
肥満で体が重いため軽やかに走ることが出来ません。
早く走ることが出来ませんし、短い距離しか走れません。
幸いにも塀で囲まれた畑の中です。
そんな理由があってハーネス無しで散歩させる事が出来たのです。
通常の体重だったなら3歳では軽やかに飛び跳ねて
どこまでも遠くへ行ってしまうでしょう。
ガーナちゃんが痩せていたら絶対にハーネスとリードは必要です。
徐々に痩せてきて動きが良くなってきたらハーネスを使う予定です。
| うさぎの散歩 | 19:49 | comments(7) | - |
外に慣れてきたかな
普段なかなか外へ散歩に連れて行ってあげられないので
この連休中は出来るだけ外に出してあげようと思う。
と言うものの公園は犬の散歩だらけで連れて行けない。
大家さんの塀に囲まれた畑で散歩させてもらっている。
大家さんは動物好きなので助かります。

最初の頃は地を這うようにしか歩けなかったガーナちゃんですが、
ちょっと慣れてきたようで安全確認する姿も様になってきた。



誰が教えたわけでもないのに外へ出たら危険な肉食獣が居ないか
ちゃんと安全確認するんですね。偉いぞ。(って本能だよね)



軽快に駆け出しました。
外で楽しむ事を覚えつつある我が子の成長を目を細めて見つめるのであった。



以前ベガちゃんが我が家と間違えた他人様のお宅の前は
ガーナちゃんも慣れた場所です。この家の前では動きが良いです。



畑の中と違って地面が平らだからなのかな。
ここではちょっと走ってみたりして楽しんでいます。
数回往復していました。良かった良かった。
この後、畑の中を通り抜けたりして遊んでいました。
そして気が済んだのかキャリーケースへ戻っていきましたよ。



自宅へ連れて行けと言うことらしいです(笑)
ベガちゃんの散歩の写真も撮ったのですが、それは明日ね。
| うさぎの散歩 | 01:55 | comments(8) | - |
気晴らしに散歩
高齢で寝てばかりのベガと同じ行動をとっていて

エネルギーを持て余し気味のガーナ。

もうすぐ3歳になりますが、まだまだ遊びたい年頃なのです。

ベガと同じように動かずにいたら可哀想だと思い

ガーナちゃんだけ外に連れ出しました。







たくさん走ってもいいのよ?







ガーナちゃんの母親ベガはウサ一倍怖がりな性格です。

怖がりな部分は遺伝したのかな?







ちょっと緊張しながら休憩中。







一歩ずつ確かめながら進んでいきます。

前回よりは動きが良くなった方です。

同じ場所で散歩をすると少しずつ慣れていくと思うので

いつかは若者らしく走り回って欲しいです(笑)






帰りたくなるとキャリーケースに戻ります。

入口を開けておくと自分から中に入るんですよ。

今回は開けたままにしておくのを忘れちゃった(笑)


★-------------------------------------------------------★

天気が悪い日はメニエールの症状がほとんど出ないんですよ(*^-^*)

気圧と関係があるのでしょうね。

でも毎日天気が悪いと洗濯に困るわね。

我が家は乾燥機が無いんです。
| うさぎの散歩 | 17:39 | comments(5) | - |
楽しくない散歩
昨日はベガも外へ散歩に連れ出しました。

私一人でガーナとベガを同時に見る事が出来ないので

ガーナを家にお留守番させてからベガの散歩です。

ハーネスをつけようとしましたが、

プギュープギューと泣いて激しく嫌がるので

仕方なくハーネス無しとなりました。

ベガはうさ一倍怖がりでパニックになるので

本当は一番ハーネスをつけないと怖いのです。

どこかへ飛んで行きそうになったら強制送還させる意気込みで外に出ました。





既にパニックになっていてキャリーケースから一気に飛び出ました。

ものすごい表情になっております。





パニック状態で闇雲に走っています。

どこへ行こうかと考える余裕も景色を楽しむ余裕も無いようです。

険しい表情のままジタバタしていました。





パニック状態でどうなるかと思いましたが、ふと立ち止まり我に返ったようです。


散歩を楽しむどころか恐怖の余りに帰りたい一心のようですね。




よその家と我が家の判断も出来ないほどパニック状態らしいです・・・





家の中に戻れないので再びパニック状態となりました。



5分も経っていないのですがキャリーケースに入れて家へ戻りました。

ベガも私も全然楽しめなかったです(゚ーÅ)ホロリ



相方と私が休みの日にガーナとベガを同時に外で散歩させたいと思います。

ガーナが居れば少しは落ち着くんじゃないかな・・・と。



パニック状態になる子を落ち着かせる方法ってないものでしょうか・・・

病院へ行ってもパニック状態が続いて心臓に良くないと思うんですよ。

あと3ヶ月で7歳になるので病院へ行く事も増えていくじゃないですか。

パニック状態を直せたらいいのに・・・。
| うさぎの散歩 | 21:52 | comments(11) | - |
初めて外で散歩
天気が良いのでガーナちゃんを外で散歩させました。

初めてなので外でどうなるか分からない為、ハーネスをつけようとしたのですが、

首の部分はすぐにつけられたものの、胴体部分をつけようとしたところで

大暴れしてパニックになり部屋中のものに体当たりしました。

首にひっかかったままで非常に危ないのですぐに外しましたよ

仕方なくハーネスが無い状態で散歩する事となりました。







最初は慎重に。

うんうん、いい感じです。







体格の割には慎重な性格のようですね。







一歩ずつ周りや匂いを確認しながら進んでいくところはウサギっぽいですわ。







地を這うようにしか歩けないのかしら・・・

そんなに怖がるなら散歩は止めてしまおうかしらと思いました。

もうちょっと様子を見て恐怖が続くようなら帰ろうかと考えました。



しかし慣れてくると生き生きとした表情になり

目をキラキラさせて走って楽しんでいました。







今までは部屋の中が地球のすべてだと思っていたことでしょうね。

太陽の下で土や木の香りの中を走るのは生き生きしていますよ。

ガーナちゃんの嬉しい顔を見る事が出来てよかった(*^-^*)
| うさぎの散歩 | 12:53 | comments(5) | - |